人柄ビジネス

私の好きな動物は「…」でした。

2016.03.23 代表ブログ

12933068_988078131267729_4385078403684782646_n

こんにちは!
(株)はっぴーぷらねっと
叶理恵です。

お元気ですか。

あなたは
好きな動物はいますか?

叶は、猫が好きです。

猫が好きな理由は?

ぐーたらして
毎日幸せそうに寝て、甘え上手で
のんびりして、フサフサしているからです。

わたしは動物占い「コアラ」なのですが
南の島で基本的にのんびりしていたら

だいたい、幸せを感じます。だから
似たような性質の猫が好きなのかも。

うちには2匹の猫を飼っているのですが、

その名前を

「梅(うめ)」と「みーたん(みかん)」と言います。

猫を飼うのは、実は

大学時代からの夢だったのです。

(おおげさかと思われますか。でも、本当です。)

大学時代に1人暮らしを

していたときがあったんです。

(関西の大学だったのですが、

親が転勤族だったので地方に住んでいて

当時関西で1人暮らしをしていたのです)

そのときに地域紙みたいな

フリーペーパーに「子猫ゆずります」

という募集ページがあったのです。

うちの家は転勤族だったため

「猫を買いたい」と思っていたのですが

現実問題、転勤族で住む家は

ペット不可のマンションが多くて

なかなか猫を飼えなかったんです。

だから、

「子猫ゆずります」
という募集記事を読んで、

萌えました。

「あぁ。猫が飼える」
と思って、大学生時代の叶は、
ドキドキしながら電話をかけました。

プルルルルル。プルルルル。

そしたら、

「子猫ゆずります」の
記事を買いていた、

おばさん自宅に
電話がつながりました。

すると、

「あー、大学生ね。
子猫の世話って、自宅に毎日いる人が
飼わないと、世話ができないのよ。

あなた家にいる?

大学生だから、家にいないでしょ。
だから、今回は諦めてくださいね」

と言われて、

( ̄◇ ̄;)( ̄◇ ̄;)( ̄◇ ̄;)

ガーン。。とショック撃沈でした。

当時、叶はバイトなどしていて

家にいる時間は少なかったのです。

自宅にいない。と言われたら

そのとおりでした。

それから、猫を飼えない生活が続いていました。

叶の中で、

「猫=自宅に長いこといる人だけが飼える」

という価値観が

出来上がっていきました。

しかし、そんな叶にも

転機がおとずれます。

2014年から念願の猫を買い始めました。

買い始めた理由は?

やっぱり先ほどの価値観が理由です。

自宅でするお仕事が軌道にのってきて

自宅にいる時間が長くなって

落ち着いてきたからだと思います。

「そういえば、わたしの夢は

猫を飼うことやった!」

と思い出したんです。

主人にも猫を買いたいと

お願いしました。

でも、ここでも「障壁」がありました。

主人は、猫が嫌いだったのです。

だから、猫を買いたいと言っても

「僕は、世話をしないからね!」

と言っていました。

主人が

猫がキライな理由は?

主人のこども時代に

自宅に野良猫が入ってきて、パンを

かじっていた野良猫を見て、

猫が嫌いになったそうです。

主人の実家は、

奈良の大仏さんの近くに

家があるのですが、野良猫が

たくさん住んでいた地域だったようです。

だから、猫=野良猫=パンを勝手に食べる=きらい。という

図式ができあがっていました。

だから、方程式上

主人は、猫=きらい。という価値観でした。

だから、猫を1匹買い始めるまでは

何回猫を飼いたいと

言ったでしょう。

2人でペットショップに何度も

足を運んで、「どうしよう」

「買おうか」「飼おうか」

と悩んでいました。

主人に「猫飼っていい?」と

確認しました。

ある運命の出会いがあったからです。

猫を飼うのに2週間くらい

大人2人が、ビビって躊躇していました。

(ビジネスでは
主人にあまり許可を得ないのですが、

猫については、お互いの生活のエリアなので
何度も主人と検討し、確認しました。)

主人からは

「世話できる?」と言われて

わたしは堂々と「世話する自信はない」と答えていました。

猫買いたいと言っておきながら。

(猫飼ったことがないので、自信がなかったのです。

人のお世話をするのも基本的には得意ではありません)

けれど、結局白い猫との

出会いがあって、猫を飼ったのです。

実際に猫を買い始めたらどうなったか?

主人は、その猫をとても溺愛しています

また、よく猫の世話をしてくれています。

そして、

猫=きらいだったことも忘れて

猫大好きになって「猫っていいなぁ」と

毎日

猫をナデナデして、主人は

毎日猫を愛していて、癒されています。

もちろん、

わたしも猫を飼い始めて

分かったことがあります。

猫は一緒に昼寝もしてくれます。

すごい優しい動物です。

叶は猫と一緒にいるという夢が達成されて

とても幸せです。

つまり、何が言いたかったかというと?

いまですね。

人の価値観の形成について

最近研究しているのですが

大学生時代の叶がフリーペーパーに

「子猫ゆずります」を掲載しているおばさんに

電話をかけたときに言われたセリフから

「自宅に長くいる人しか猫を飼ってはいけないんだ」

という価値観になったんですね。

(そう言われてショックだったのです)

その価値観が形成されたのです。

自宅にいる時間が長くなるまで
猫を飼えなかったという経緯があります。

たぶん、世の中には
自宅にいる時間が短い人でも
猫を飼っている人もいるでしょう。

また、
叶の主人も「猫がきらい」という価値観から
猫を飼いはじめたら「猫が好き」に変わりました。

「猫がきらい」という価値観は
本当だったのか?

なんだったんだろう?

ということなのです。

人間は、どこかの価値観を知ったことにより
「A=Bだ」「B=Cだ」
というような図式を手に入れます。

(価値観の図式)

例えば
「猫=自宅に長くいる人が飼うもの」
「猫=キライ」

のように。でも、それって
本当なのだろうか。

というのが、最近の研究テーマなのです。

例えば、

起業とは、成功するものだ。
先生とは、…するものだ。
人より上にいけば、幸せだろう。
リーダーとは、..するのがリーダーだ。等

でも、それって
本当なのだろうか。

いろんな価値観が存在します。それを
「大切な価値観」という言い方をしたりもします。

執着、枠、こだわり、大切な価値観という言い方を
したりもします。

でも、最近の研究テーマでは、

この価値観が、ときに

人を苦しめる原因になるのではなかろうか。

と思ったりもするのです。

大人になる過程で

いろいろな価値観を

身につけていきます。

たぶん、叶は

「その価値観は、本当だろうか」

というのが、研究テーマなのです。

例えば、

お金は稼げていないより稼げているほうが

良い。という価値観がありますよね。

もちろん、したいことするだけの

お金があったほうが幸せだと思うのですが

いま現時点、叶っていなくても

幸せに生きている人も世の中に存在します。

また、

有名になったほうが幸せな気がする。
とかも「本当だろうか」と思うのです。

私は、少しだけ有名になったけれど
(目出すのが好きじゃないから)

スター気質じゃないので、
「写真を撮ってください」と言われるのが
心底から快感と感じられないんです(笑)

あ、嬉しいのは、嬉しいというか
ありがたいと感じているんですよ。

でも、私はメイクにも
かおにも自信がないので^^;

あぁ、笑顔をつくらないとと
思い、かおが引きつります。

やっぱり、私の心底好きなことは

プロセスに没頭していたら
いつの間にか結果を手に入れていた。

そのプロセスに没頭しているほうが
私の価値観では、好きなのです。

自分が自分のことを認めていないと

(嫌なところも、良いところも)

結局のところ、受け取れないんだなあ。
と思う日々です。

私は、最近になって起業して
褒められることが増えましたが、

褒められることも嬉しいですが、

自分が没頭するほど、研究したいテーマが
あることのほうが幸せだと感じています。

そして、それを解明しているのは
もはや謎解きと同じくらい未知なものを

研究している毎日が幸せなんだと思います。

今机の上には、平積みされた
様々な本を調べながら

「あぁ、そういえば、わたし

大学の卒論を書くのが、とても好きだったなぁ」と

思い出しました。

教授にも、「叶くんの卒論は、つぎつぎ

読みたいと思うことが、書いてあるから、面白いな!」と

言われましたしね。

私は、没頭して勉強するのが
とても好きなのです。

そういう意味では、起業は

経営と幸せを勉強しつづけられて

それを生かせるお仕事だから、面白いのかもしれません。

最近は、

人間の心が幸せに感じる

メカニズムを多く研究しています。

あなたに
とっての幸せってなんですか。

その答え、きっと

正解はないのです。

幸せは、

メルマガ読者さんの数ほど
あると思うのです。

そのことを今日寝る前に

星空を見ながら、少し考えてもらいたいな。って

思います。

今日のメルマガは、この辺で。

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました!

(株)はっぴーぷらねっと

叶理恵

 

メルマガの登録はこちらをクリックしてご登録してください。
⇒ 10日間メール講座
⇒ 14日間メール講座(叶の3年間の起業ストーリー)

 


skype・お電話での体験セッションについて

初回体験・Skypeセッションは、60分38,500円(税込)(通常50,000円)

/* google リマケタグ */