人柄ビジネス

「ストローク」のある生活を送ってみるとモチベーションが継続しますよ

2016.05.17 代表ブログ

12717615_963701597038716_4850144634311027983_n

おはようございます。
(株)はっぴーぷらねっと
叶理恵です。

叶の朝は、3匹の猫に

声をかけることから

スタートします。

「みーたん、おはよう!

今日も美人だね!」

「梅たん、今日も可愛いね。」

「もも、今日も元気だね。」

撫でながら、

ポジティブな声がけをして

朝の1日がスタートします。

このように叶が、
猫の3匹にしているような
声かけのことを

「ストローク」と言います。

ストロークとは?

日本語で訳すと・・・

「撫でる・さする・愛撫する」

というような訳になります。

平たく言うと

「ストローク」とは

「相手の存在・価値・行動を

認めていますよ。」

ということを伝える

何らかの行動や働きかけのことを

さします。

例えば、

猫たちに

「君たち、元気だって知っているよ!」

「君たちは、いつも元気だね!」

「君たちは、いつも可愛いね!」

と「ストローク」をしています。

今朝「これが、

ストロークなんだ」

と気付きました。

このような声かけは、男性には

あまり必要ないのかも(笑)

しれません。

しかし、女性には

必要な人が多いような気がします。

成果よりも、わたしの存在を認めて

「わたしを見て」って人が

多い気ような気がするからです。

私は、仕事では「ストローク」が

あまり必要なく、頑張れるタイプなのですが

思えば、叶は、主人から

「りえちゃん、今日はなんだか疲れているね。」とか

「りえちゃん、いつもより元気だね。」とか

「りえちゃん、応援しているよ。」とか

ストロークがあるので、

毎日安心できるのだと思いました。

昨日のメルマガでも書きましたが、

逆境のときに、(立ち直る力)のことを

レジリエンスと言います。

うまくいっている人にも

壁がないわけではありません。

だれにでも等しく壁があります。

^^^^^^^^^^^^^^^^

(壁の種類が違います)

その壁があったときに

諦めてしまう人か、諦めないか。は

レジリエンスによるのだと

2日間のセミナーで知りました。

つまり、

心の支えになる

「サポーターを作る」

という部分が、1番重要なのかな。と

起業は、

未来どうなるか分からない

ことを仮説を立てて、

行動していきます。

(確率をあげるために

うまくいっている人から

ノウハウを学びます。)

本人も結果がどうなるのか?

という不安がないわけではありません。

そのようなときに

「いつも見ているよ」とか

「がんばっているね」とか

声をかけてくれる人がいたら

幸せに起業できる女性が増えるね。

と思いました。

だから

今度立ち上げた、

一般社団法人ライフミッションコーチ協会の

ライフミッションコーチは、このようなポジティブな

ストロークができる人を増やしていこう。と

決めました。

ストロークには、

ポジティブな「ストローク」と

ネガティブな「ストローク」があります。

ある行動が間違っていたら

そのときは、行動に対する

ネガティブな「ストローク」が

必要になるときもあります。

例えば、

「いつもネガティブなことを言っていても

批判・評論しても、人生変わらないよ。」とか。

これは、行動に対する

ネガティブな「ストローク」です。

しかし、その人の存在自体をジャッチして

「あなたは、ダメな人だ」というのは

信頼関係ができていない間柄では

やってはいけないです。

信頼関係ができても

ネガティブな「ストローク」は、危険ですね。

相手に伝わらないですし、

相手が壁をつくるのと

相手が安心して、仕事ができないからです。

本当は、ご主人や家族が

ストロークをしてくれたら

いいんでしょうね!^^

叶の場合は、起業の見守り応援隊で、

主人が「ストローク」をしてくれていて

気にかけてくれていたのだと気付きました。

起業してからは

主人のような存在だけではなく

「このような方法があるよ」とか

「有益なアドバイスをしてくれる」

メンターや、コンサルタントの方から

応援&支援をもらっています。

その方達からの心の支えも

とてもありがたいと感じています。

だから、凹んだときも

立ち直れるのでしょうね!

そう、思ったのですが、

会社でいえば、週報を提出する。というのも

「ストローク」の1つなのかもしれませんね。

上司がどこまでできたのか

見守ってくれているのが

週報なのかと思いました。

現在地どの辺までいるよ。と見守りは

コーチに必要な能力だと思います。

「ストローク」は、自分に対して

するのもおすすめです。

今日も頑張ったね。

とか。

メルマガ書いてすごいね!とか

そんな感じです。

自分に対して

ネガティブなストロークをする

癖のある人は?

自分に対して、

ポジティブな「ストローク」をする

ポジティブに変換してみるのを

おすすめします。

つまり、自分の存在を認める行動をしてみてください。

「ストローク」また

どこかの機会でお話ししてみようと

思います。

それでは、今日も

良い1日をお過ごし下さいね!(←これもストロークですね)

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。

(株)はっぴーぷらねっと
叶理恵

メルマガの登録はこちらをクリックしてご登録してください。
⇒ 10日間メール講座
⇒ 14日間メール講座(叶の3年間の起業ストーリー)

 


skype・お電話での体験セッションについて

初回体験・Skypeセッションは、60分38,500円(税込)(通常50,000円)

/* google リマケタグ */