人柄ビジネス

アメリカの大統領、ドナルト・トランプ氏の本を読んで印象に残った言葉とは?

2016.12.21 代表ブログ

15027550_1148980765177464_516026060384319259_n

おはようございます。
(株)はっぴーぷらねっと
叶理恵です。

元気ですか?

ミーハーなんですが・・・

いま、ドナルドトランプの本を

読んでいます。

印象に残った言葉がありますので

ご紹介しますね。^^

(ここから)

恐怖心の最たるものは

何かに挑戦することへの恐怖かもしれない。

もし目的が果たせなかったら

という以外にはとりたてて理由もないのに

何かを失うような気分になるのだ。

失敗はつきものだが、

何もしないよりは

実際にやってみるほうが

成功のチャンスははるかに大きい。

高次元の自己にチャンスを与えれば、

人生は最高のアドベンチャーになる。

私たちには誰でも、自分にしかできないなにかがある。

それが何かをみつけ出し、情熱を傾けて

努力するのが私たちの務めだ。

だから、無為に生きるな。

飛び込んでチャンスをつかめ。

(ここまで)

私たちには誰でも、自分にしかできないなにかがある。

この言葉に惹かれたんですよね。

私も、これから挑戦の連続になると

思っています。

そして、

成功という外側のものが

かならずしも、心を充足させるものではない。

ということをわたしたちは知ってしまいました。

高度経済成長が終わりをつげ、

なにのためにお金を稼いで

自分を痛めつけているのか?

昔の右肩上がりの幸せを追い求めても

ものはある。家はある。わたしたちに無いものは

なんなんだろう。という疑問が心の中にある。

”成功”という言葉を嫌がる人も多い。

その言葉に色がついているので、”努力”

という言葉も嫌いな人も多いのかもしれない。

『勉強したって、なにひとついいことないじゃん!』

『成功したって、家族が幸せじゃないと意味ないじゃん』

みたいな感じにね。

たしかに、0か100で考えがちなものも

あるかもしれない。しかし、この言葉には

なぜか、惹かれてしまいました。トランプがどのような姿勢で

ビジネスに取り組んでいるのか。がわかり、興味深いのです。

(ここから)

私たちには誰でも、自分にしかできないなにかがある。

それが何かをみつけ出し、情熱を傾けて

努力するのが私たちの務めだ。

だから、無為に生きるな。

(ここまで)

私たちは、夢中で生きたいのかもしれない。

これをしたら、得だとか。損だとか。

 

メルマガの登録はこちらをクリックしてご登録してください。
⇒ 10日間メール講座
⇒ 14日間メール講座(叶の3年間の起業ストーリー)

skype・お電話での体験セッションについて

初回体験・Skypeセッションは、60分38,500円(税込)(通常50,000円)

/* google リマケタグ */