人柄ビジネス

起業して成功する人と成功しない人の大きなへだたりとは?

2017.03.24 代表ブログ

17362842_1277203545688518_3847531875480136616_n

こんにちは。
(株)はっぴーぷらねっと
叶理恵です。

お元気ですか?

今日は東京で認定試験&面接があります。
松尾さんと、桑原さんと試験に挑みます。

今日のメルマガは
ビジネス・起業のお話なので

お金稼ぐ理由のない人は
読んでも興味ないかもしれません。。

(><)

だから、ビジネス力を
経営力をあげたい。

という方だけ
お読みいただけますかー。

それ以外の方は
興味ない内容です。

さて、昨日は、東京にて
一般社団法人ライフミッションコーチ協会主催の
ヴィーナス養成講座の初回講座がありました!

(=ライフミッションファシリテーター(R)と言います)

受講生の皆様は

頭から湯気を出していました。

カメラマンの上野さんは
「60万円支払っていった
研修より価値がある」と

仰っていただきました。

この養成講座は?
「経営者として独立していること」が
必須の条件の講座です。

実は・・・

サラリーマンや扶養内は
受講する資格はありません。

なぜなら、近い将来

LMC協会を代表して
大企業や学校に「リーダーシップ力」を
教えにいく存在になるからです。

大企業が求めているのは?

「女性を活躍するための
リーダーシップを研修」です。

新入社員研修や
ただの社員研修なら、ゴロゴロ
セミナー講師がいる、激戦区なのです。

その中でLMC協会認定の
派遣するセミナー講師は、

自らの人生を経済的にも
リーダーシップを取れていないと

会社の研修は基本的には

会社のお金や、親のお金で

受講しているので

いやいや受講している人もいるのです。

(真面目に受講している人もいます)

そのような中、大企業や中小企業の
依頼先の会社からは、「成果」を
求められます。

なぜなら、会社のお金を出して
社員を研修しているからです。

成果が出ないと
すぐに契約が終了します。

前のめりに聞く姿勢が
整っていない段階の受講生さん(会社員、学生さん)に
「この人のお話を聞いてみよう!」

思ってもらうのには?

その人の人生でリーダーシップ力が
養えていないと

(つまり、リーダーシップを体現できていないと

LMCフィロソフィーの9つが実現できていないと)

誰も、そのセミナー講師のお話を聞こうと
思わないからです。

つまり、こういうことです。

トゥインクルスターは、自分のライフミッションを見つけます。

(=ライフミッションサポーター(R)養成講座)

自分のライフミッションが見つかって
ヴィジョンが見つかって、明確に情熱を
持って語れていることが条件です。

ヴィーナスになると人のライフミッションを見つけられるよう
トゥインクルスターを育成できるのが、ヴィーナスです。

そのためには、リーダーとして
自分の人生のリーダーシップを
体現いる必要があります。

ここでは、経営について
高い視点と長期的な視野を学びます。

レベルが上がります。

仕事のレベル力には、4段階あります。

レベル0:仕事がうまくいっているかわからない

レベル1:仕事がうまくいっていないか客観的に分かる

レベル2:自分で課題を発見できる

レベル3:自分で課題を解決できる

仕事力でいれば、

レベル2:ヴィーナス(ライフミッションファシリテーター(R)

レベル3:ポラリス(ライフミッションコーチ(R))

となります。

自分の「課題発見」をすることができたら

素晴らしく仕事能力が高い女子です。

真の課題は別のところにあります。

それを新しい着眼点で気づきを

質問により与えられる能力が、優秀なコーチです。

優秀なコンサルタントは、課題発見できた上で

課題解決の提案まで、ソリューションができるのが

コンサルタントの役割になります。

コンサルタントの本質は「仕事の課題を発見し、解決できるか」

の提案力にて決まります。

(少なくとも私はその基準でコンサルタントと契約します)

課題発見のテーマズレていると、

解決策もズレるので、課題を正しく

認識する力が、ビジネス・経営では求められます。

大企業のコンサルティングのお金が高いのは?

大企業の方が個人の起業家よりも資金があるからではなく

「課題」が個人の起業家よりも、多くて

「課題」の難易度が高いからです。

お金は、提供している価値により決まります。

価値提供が、社員でも起業家でも

(1)作業でお金をもらっているか?

(2)真の課題を発見し、解決する力・提案力で

お金をもらっているか?

によって、お給料(報酬)が、変ります。

ノウハウだけで、契約が切られるコンサルタントは

真の課題発見力(問題の本質を掴む力)と、解決するための提案力

つまり、ソリューション力が弱いのです。

いくら働いているから

いくらください。

というのは、従業員マインドになります。

起業家がなぜ、お給料が高いかというと?

自分でリスクを取り、課題を発見し、解決するからです。

最初は、信用ゼロ、顧客ゼロ、メディアゼロ、実績ゼロ、

提案力ゼロ、商品ゼロ、商売力ゼロ、人脈ゼロの状態です。

リソース資源がゼロに近い状態を、0→1にするのが

時間がかかるのです。

自分でリスクを取り、課題を発見し、解決するからです。

と一言で言うのは、簡単ですが、課題を発見する力は

自分の「現在地」を客観的に理解していないと

課題は発見できません。

そして、自分からでは

見落としている着眼点があるから

質問力でコーチに気づかせてもらうのです。

自分からでは

見落としている着眼点があるから

見えない視点を気づかせてもらいます。

コンサルタントとは、ある特定の分野で

経験・知識というリソースが不足しているから

コンサルタントには、コーチングをしてもらい

提案力・解決力を求めるのです。

実績のない・提案力のない・経験のない

コンサルタントは、解決力が弱いです。

真の課題を掴む力(傾聴力・気づかせるコーチング力)も弱いです。

だから、実践して

何人の人のお悩み事をヒヤリングしたのか?

という実践力が必要なのです。

暗黙知という経験を通じて

身につく能力もあるからです。

サラリーマンでお給料が高い人は?

高学歴がだからお給料が高いのではありません。

絡み合った糸のように、複雑になった

真の課題を発見して、解決する力があるからです。

起業家には、会社の信用もありません。

上司もいません。教えてくれる人もいません。

仕事のレベル力には、4段階あります。

レベル0:仕事がうまくいっているかわからない

レベル1:仕事がうまくいっていないか客観的に分かる

レベル2:自分で課題を発見できる

レベル3:自分で課題を解決できる

このレベル1,2,3を気づかせてくれるのが、上司の役割です。

レベル1:仕事がうまくいっていないか客観的に分かる

状態になってから、起業しないと

危険です。

うまくいっていないと客観的にわからないと

素直に学ぼうと思わないからです。

現在地を把握する能力がないと、起業すると

誰も教えてくれる人はいないのです。

起業家に、求められるの力は、

リターンがない状態でも挑戦する力

真の課題を発見する力なのです。

これがない状態で
コンサルタントにはなれません。

コーチは、真の課題を発見する力で結構です。

コンサルタントは、真の課題を発見し、解決する提案力まで求められます。

今日のお話が何かの参考になれば幸いです。

(株)はっぴーぷらねっと
叶理恵

 

メルマガの登録はこちらをクリックしてご登録してください。
⇒ 10日間メール講座
⇒ 14日間メール講座(叶の3年間の起業ストーリー)

skype・お電話での体験セッションについて

初回体験・Skypeセッションは、60分38,500円(税込)(通常50,000円)

/* google リマケタグ */