MENU
  • モテ層を見つけたい
  • 売れる商品の作り方を相談したい
  • あったかセールスを学びたい
  • ヒーリングコード
  • 海外ツアー・ランチ会・ディナー会
  • オンライン講座
HOME   >    代表ブログ   >    まだ見ぬ可能性と選択肢を選び取るために必要なものとは?

まだ見ぬ可能性と選択肢を選び取るために必要なものとは?

こんにちは!
(株)はっぴーぷらねっと

叶理恵です。


ふぅ~!ようやく本の出版の

叶修正担当分は、終わりました~!(^^;)


2月は、

本の出版に集中できるように

いろいろと予定を空けておいて

調整をしていた月でした。^^


3月19日はいよいよ発売開始です~!^^


初めてのことをするときは?

どのくらい時間がかかるのか?の

時間の見積もりも分からないし・・・


どのくらいやりとりが必要なのか?

労力・エネルギーの見積もりもわからないし・・

初めてのことなので、きっと要領も悪かったなぁ。と

反省する点も多いのですが、、、


(出版社さんとの原稿のやりとりも初めてですしね。)


初めてのことばかりだから、時間ばかりかかって

「ええ~!これだけしか進んでいないの!」と

自分でも自分の作業量にビックリすることだらけでした。。


そういう意味で、

起業と同じで初めてのことって分からないなーって

要領悪いなー。って思うことも多いと思うのですが


きっと、はじめは時間がかかるわりに

成果って目に見えて分かりにくいんですよね。


起業って。

だから、即金性が高い

翌月にお給料が振り込まれる

会社員やアルバイトいう、

選択をしてしまうのですよね。

起業ってほんと

種まきの連続だな。。。と

思います。(これも勉強ですね!)


だからこそ、信用財産を

積み重ねているから

みずからが種を巻いているからリターンが高いのです。


ほんと自分でいうのも変なのですが

良い本ができたと思うので

あとは、本の出版がされるのが楽しみです!


一部の方に

「はじめに」と「おわりに」を

読んでいただいたのですが


「涙しました。」と

おっしゃっていただいたので

感謝!感激!雨!嵐!です。(笑)


本の出版は、引き続き行っていきますので

2冊目、3冊目と続いていけたらと

思っております。


3月19日楽しみにしておいてくださいね!


Amazonの予約購入ができるようになったら

予約購入にて買ってくださった方のために

特典をつけるキャンペーンなんかを

できたらな~^^と考えております。


どうぞ、引き続きお楽しみにしていただければ幸いです!


そうそう、

新型コロナウィルスの件があって

TVやネットを見ると・・・

心配な日々だと思います。


そういうときこそ

リスク管理はしつつ、自分で稼げる手段を

つくっておくことが大切だと思います。


女性であっても

「仕事は自分で創り出せる」のです。


むしろ、これからの女性に必要なのは

「仕事を生み出す力」です。


そのためには、お客様の(モテ層)の

お困りごとリサーチを日頃からしていくこと。


そして、こちらからそのお困りごとが

解決するよう提案をしていくことです。


私は今回の本は

「子育てを理由に自分のキャリアを捨ててしまうのは問題だ!」

という問題提起の意味を込めて、

執筆しました。


本の中では、人柄ビジネスであれば

家庭と両立しながら、女性が幸せに

仕事を創り出せる方法について

具体的な”やり方”と”あり方”について

書かせていただいています。


女性であっても、やりがいがあって、

稼げる仕事をしてもいいんだよ。

ということをお伝えしています。


おもえばですね。

女性の平均年収は、20-50代

どの年代も、200万円代なんです。


女性の年収で500万円代は、全体の10%。

1000万円以上は、全体の0.8%しかいません。


これは、作業に落とされた

仕事しか女性がしていないから

(させてもらっていないから)

お給料が安いんです。


与えられた仕事をやっていると

お給料は低いままです。


自分で仕事を生み出さないと。

出産と同じよ。


女性はやりがいよりも条件で

仕事を選んでいる人が多いです。

「女性は、夫よりも稼いではいけない」

という洗脳を今も信じている人が多いです。


そして、

子育てに縛られるあまり

自分のキャリアを捨てているんですね。

それってどうなの?
と。


結婚したら仕事を捨てないといけない。


子育てをしたら、仕事をやめないといけない。

仕事をしたら、自分の子育てを捨てないといけない。というのは

古い日本の女性の思い込みなのです。


男性に「衣・食・住」を養ってもらった古い時代は

そうだったかもしれません。

でも、これからは、新しい時代の幕開けなのです。


今も昔、新型コロナウィルスで

強制的に日本は働き方改革を(リモートワーク等)を

せざるおえないでしょう。


不況がくるのであれば

自分で仕事を創り出したらいいのです。


そのための方法を今回の本では

書いていますので、どうぞ!お楽しみに!^^


ワクワクしてきました~!


結局、幸せに生きるには?


「自分の人生のリーダーシップから


逃げない、降りない。」ってことなんです。


「幸せに生きる覚悟を決める」ってことなんです。


やり方を教える塾はあっても

まだ見ぬ可能性と選択肢を選ぶことができて

幸せになる覚悟を決めるのが

(株)はっぴーぷらねっとの女性起業支援でやっていることなのです。


仕事と家庭を両立したい女性でやりがいも収入も両立したい

女性がそれが女性の幸せに生きれる道だからです。

(男性を支えていきたいという女性は 私のところじゃなくていいでしょう。)

女性社長比率はこの8年で2倍以上になっています。

(2010年21万人、2018年42万人です)

もし、女の子のなりたい職業の1位が

社長になったら、日本もきっと変わっていくでしょう。

男性の選び方だって、変わっていくでしょう。


社会貢献とお金儲けが両立できたら

日本もきっと変わっていくでしょう。


もしも、日本女性が英会話に通うくらい

ナチュラルに起業塾に通えるのなら

自分の人生の生き方まで、将来は明るく

変わっていくのです。明日の日本の未来を

支えているのは?


あなたの

まだ見ぬ可能性と選択肢を選び取るために必要なものとは??


個人の1人1人のヴィジョンを描き

実行していく覚悟、幸せになる覚悟だと最近は、とくに思うのです。


みんな!幸せになっていきましょう!


あ、ちがった。


自分が幸せになるのを許可していきましょうね。


そう、女性の「幸せは、”なる。”」と覚悟を

決めることから始まるのです。

CATEGORY
記事カテゴリー
RECOMENDED
おすすめ記事
  • いい事が起こる前に、一見不運な出来事が起こるケースがあるときの考え方とは?の写真
    いい事が起こる前に、一見不運な出来事が起こるケースがあるときの考え方とは?
    • 「超!シンプルな運気アップの5つの方法」とは?の写真
      「超!シンプルな運気アップの5つの方法」とは?
      • 「ヴィジョナリーパートナーの和仁達也先生と叶理恵の対談パーティー」2年ぶりの新刊が全国のどこよりも早く手に入ります。の写真
        「ヴィジョナリーパートナーの和仁達也先生と叶理恵の対談パーティー」2年ぶりの新刊が全国のどこよりも早く手に入ります。
        • 産後フェリチン数値180を超えました。産後うつを回避する方法とは?の写真
          産後フェリチン数値180を超えました。産後うつを回避する方法とは?