MENU
  • モテ層を見つけたい
  • 売れる商品の作り方を相談したい
  • あったかセールスを学びたい
  • ヒーリングコード
  • 海外ツアー・ランチ会・ディナー会
  • オンライン講座
HOME   >    代表ブログ   >    何歳になっても夢を追い続ける

何歳になっても夢を追い続ける

この写真、スイスのバーゼルに行った時の美術館の前での写真です。LMC協会が立ち上がった時2016年冬くらいの写真で、こどもを産む前でもあるので、まだ細いのと若いですね。(笑)それでも41歳くらいなのですが、ピースしていますね。基本的に明るく元気!って感じですね。

バーゼルは、わたしは小さい街でとても気に入っているんです。ドイツとフランスが近いスイスだったんですよね。また、行ってみたいと思っている都市の1つです。この頃のファッションもLMC協会を立ち上げる前だったので、ファッション自由ですよね。代表理事とか気にしないファッションでこの頃のファッションも好きです。

なぜバーゼルに行ったかというと【潜在意識を変えればすべてうまくいく】ロイド博士のスイスで開催されるセミナーに参加したかったので、参加したんですよ。バーゼルの中心地から少し離れたホテルでセミナーが開催されました。

スイスのバーゼルのホテルの中にある体育館のようなスペースで・ドイツ人・スイス人などが集まってロイド博士のセミナーを受けていました。このような機会がないと行く事は無かったでしょう。ちなみにドイツ語圏内だからか英語をドイツ語で通訳するんですよね。通訳されたら、余計にわからない!(笑)という経験をはじめてしました。

日本から来た「理恵なんだよ!」とスイスの主催者の方にロイド博士から紹介していただいてりいる図です。ロイド博士は私が日本からスイスのセミナーに参加していると知らなかったんです。だから「日本から来たのか!理恵!」と感動してくれました。それで感動して抱き合っている図です。ロイド博士は、感動屋さん。

『皆んな、彼女が理恵なんだよ!』と英語で説明してくました。私も英語でお話しました。いやとても簡単な英語ですけどね。恥ずかしかったです。目立つのこっぱずかしくて。知らない人の前で褒めてくれたので。ちなみに昔から私の強みで褒められるところが「行動的なところ」なんですよね。行動的というのが何が強みなのか。自分では当たり前過ぎてよくわからないんですよね。セミナーに行きたいから行く。というのは、オリンピックに出場するよりも簡単にできることだからです。

ロイド博士のセミナーに台湾に会いに行った時も、情熱的なメールをロイド博士に英語に通訳してもらって、送りました。おかげさまで台湾で商談の機会を得ることができました。わたしとしてはダメ元でも挑戦してみて、あとから考えたらいいか。と思うのです。メール送るのはリスクが少ないからです。このような行動的なところを「強みだ」と言っていただくことが多いのですが、こんなこと誰でもできるだろう。と思ってしまうくらい私にとっては当たり前なことなのです。

なぜなら、仮に失敗したとしてもリスクの少ないことばかりです。何がいいたいのかと言いますと、私にとっては『行動的なこと』は当たりに出来てしまうことです。きっと好奇心が強いんだと思います。それは、何歳になっても夢があるならあきらめずに挑戦したらいい。と言う考え方があるからなのだと思います。

アジア人でスイス会場でセミナーを受けているのは私たちだけでした。ヨーロッパの人々(スイス・ドイツ人)の中に囲まれてセミナーを受けているのはとても楽しかったです。私は経験したことないことを経験するのが好きなのです。

わたしにはあまり名誉欲や地位や権力が欲しいというニーズがありません。素直に表現できたら、素直な気持ちを分かち合えたら。夢(ヴィジョンと言います)をビジネスで表現することができたら、幸せなんです。自己表現の1つだと思っています。もちろん、夢を実現することもできたら幸せだと思うので、それも調べて失敗しないように結果が出るようにチャレンジします。それでも、根底のマインドは、人智を尽くして天命を待つ。という形で、結果にとらわれないでチャレンジ精神で、チャレンジしているときが仕事上では幸福感がわたしの場合高いのです。

だから、「幸福感って、何をもって幸せか?」というのを内面ホリホリします。きっと自己を内面ホリホリしないとよくわからないと思うんです。私の幸せとあなたの幸せは、きっと違うんです。誰かの幸せをみて、私もそうなりたい。ってことも絶対ないと思うんです。その人の幸せと私の幸せは、きっと違うはずなのです。と基本的には、私はそのように思っています。

わたしは旅することが好きだけれど、日本国内が好きな人もいると思うし、わたしはビジネスが大好きだけれど、経営するよりも、組織に属する方が好きという人もいると思うのです。私は仕組み化して、マニュアル化して、誰でもその仕事が再現性高くできるようにするのが好きだけれど、そんなことにまったく興味がない人もいると思うのです。でも、それでいいと思うのです。だって、人間だもの。それが個性なんです。

だから、【自分の強みは何なのか?】【自分にとって幸せとは何なのか?】を内面ホリホリして、自分の内面を充足させることは何なのか?を明らかにして生きたが幸福感もって生きれます。つまり、自分軸というやつですね。他人に認められることを幸せの基準にしたら、もしそのことが少数派にしか認められないことだとしたら、不幸せになってしまいます。私はいつもビジネスでいうのですが、「誰に認められなくてもやりたいことは何ですか?」と質問するのです。

わたしは誰に認められなくても、一般社団法人ライフミッションコーチ協会を立ち上げたいと思ったし、これから魂のご飯を食べたい人がたくさん出てくる時代になると思ったので、立ち上げました。

安心安全ポジティブな場所で、自分の内面を分かち合って、「ああ、わたしはそんなことを思っていたんだ!」「魂のご飯はこれだったんだ!」と気づける場所を作りたいと思って一般社団法人ライフミッションコーチ協会を立ち上げました。心の傷を持った人がたくさんLMC協会に来ましたが、立ち上げて良かったと心から思っています。感情の解放ができた人が沢山うまれたからです。感情の解放が出来たら幸せ度が上がります。

私は、このようにな「行動的であること」「情熱的に文章を書くこと」「自分のやりたいことを経営で実現させていくこと」「旅が好きなこと」の特徴である自分が、女だてらになんか。夢とかヴィジョンとかいっちゃってよー。とか思わなくもないんです。。経営とか好きであることがなんだか普通の人と違うような気がしてコンプレックスなんです。実は。

でも、最近は、コンプレックスが私なんだと認めるようにしたのです。つまり最後何がいいたかったかと言いますと、このように一見、自分ではたいしたことない!とか嫌い!と思っているコンプレックスの部分が、あなたの強みなのですよ。ありのままの自分ということではないでしょうか?ということなんです。わたしはこの自分を受け入れて生きて行くことに決めたのです。

人生の旅路はまだまだ続きますが、自分らしい旅にするためには、コンプレックスと言われる部分も受け入れて、生きていくのが幸せに生きる秘訣の1つだと思っています。ブログタイトルに戻りますが、「何歳になったから結婚しなきゃ」とか「何歳になったから無難に生きなきゃ」「何歳になったから」ということはなくて、あなたの魂は、魂のご飯(=ライフミッションと呼ばれるもの)を食べたくて仕方なくて、心のお腹が空いているのかもしれませんし。もし、そうだとするなら、あなたらしさを受け入れて、それがいつか誰かの役に立つと思いますので、人柄ビジネスで役に立たせたいと思った場合は、ぜひいつの日か私に会いに来てもらえたら嬉しいです。

考える人。ものごとを考えることはビジネス上大切なことですが、考えすぎて動けないなら、もったいないので、楽しみながらビジネスを行っていきましょう!私は大変なことも含めて、起業というプロセスで、ヴィジョンを実現していくこの生き方がとても楽しいです!その楽しさを伝えたいから、(株)はっぴーぷらねっとで、女性の起業支援や一般社団法人ライフミッションコーチ協会でヴィジョンを経営で実現していく楽しさをお伝えしているんだと思います。

いくつになっても楽しく生きよう!というのが私の伝えたいことです。会社を経営するなら経営の基礎も学ぶ必要があるので(そうしないと存続できないので)まじめな部分と遊びの部分は両方ありますが、両立できるんです。これはフランスの雑貨屋さんで雑貨を選んでいる図です。知らないお店で真剣に買い物しているときワクワクします。何歳だからこうしなきゃ。とかそういうのは自分で設けた心の制限です。やりたいことを人生100年時代ですから、実現していきましょう。

何歳だからこうしなきゃ。とか、周りに迷惑かけちゃだめだから。とか思いすぎると心が苦しくなっちゃいますよね。だから、解放していきましょう!色んなことはバランスと信用財産です!楽しみだけでは両立できない部分は、技術やマインドセットも大事です。でも、やっぱり根底は楽しみながら。なんですよね!あなたの夢は何ですか?それを起業という方法で実現するのなら、起業の方法や経営について学ぶ必要がありますね。でも、真剣と楽しいは両立可能なのです。

p.s あー!久々に海外行きたい!(笑)一緒に海外行く人募集中です。